なんでもまとめ

なんでもまとめは、芸能、国内、国際、アニメからウワサまで、なんでもまとめているサイトです。

ビジネス

高卒で人生逆転するのは、まれな事?高卒の就職は少ないのか。

投稿日:

高卒で人生を逆転して、大卒や院卒以上の収入を得ることは、まれなのでしょうか?

決してそうでは無いと思います。

どれくらいの確率がまれなのかはさておき、そもそも大卒や院卒の方が絶対に高収入で幸せである、という事自体が思いこみではないでしょうか。

高卒でも大卒や院卒を凌ぐ収入を得ている人は多くいますし、幸せな方は沢山居ます。

ですから高卒での人生逆転劇は「まれ」とも言えるし、そうでないとも言えます。

高卒の採用を希望する会社は増えている

この頃は、数多くの企業が、高卒を対象とした求人を増やす傾向にあります。

大学への進学率が高くなっている昨今では、高卒で就職を希望する人が少なくなってきています。

一方で、会社側は高卒採用枠を増やしたいというところが多く、大学卒業後の就職が厳しくなっている業種もあります。

有名どころの企業の場合、大卒でなければ採用しないというところもありますので、高卒は就職に苦労するという印象をもたれがちです。

地方の企業の場合、広い範囲に求人を出すようなことはしないで、県内の高校の卒業生への求人に留めているところがあります。採用されても数年で結婚退職してしまう女性が多いと、会社側としても困ってしまいます。

若いうちに仕事を始めてもらえば、結婚を機に退職されても、何年かは仕事を任せられます。結婚退職までの期間が長ければ長いほど、人材育成にかかった費用分の仕事をしてもらうことができますので、損になりません。

もしも、規模の大きい企業で働きたいと思っているなら、四大卒を出て置いたほうがいいですが、高卒でも採用の可能性は存在します。就職率を確認すると、高卒のほうが就職がスムーズにいくというケースも存在しているのです。

多くの人は、大学を出ておいたほうが就職はうまくいくと考えがちですが、高卒を率先して採用しているような企業もあります。

高卒でも、大卒でも、学生だった人が社会で働き出すことは大きな意味を持っていますので、じっくりと考える必要があるでしょう。

高卒で就職する人の意識変化について

高卒で仕事につく人達も、経済情勢の変化や、時代の動きに応じて、働くことに対する価値観を変えてきています。

今までは、経済情勢の悪化を受けて採用を減らしていた企業も、採用枠を増やすようになっているようです。高校卒業した人を対象にした求人は、過去20年内で一番高い状況になっているといいます。

高校卒業を控えて、仕事を探している学生にとっては、歓迎できる事態であるといえます。現在に至るまでの時代背景の影響もあり、高卒で働こうとしている人の多くは、安定した職場を探している人が大勢見受けられます。

住み慣れた実家近くでの仕事を探す人が多いことも、特筆すべきことといえます。現時点で高卒を迎える若者達が生まれたばかりのころは、日本は長引く不況の影響を真っ向から受けていた時でした。

就職氷河期という言葉が使われるようになり、就職率が低下したり、リストラに遭う人も少なくありませんでした。幼少期に、収入のあてが見つからずに困っていた親や周囲の人を見て育ったために、確実に仕事につけることを重視する価値観ができました。

高校生の仕事観には、奨学金の要素も関わっています。昔は、奨学金を借りてでも大学に行くことができれば、返済のめどはつきましたが、現在では働くようになっても奨学金を返すのが大変なままです。

高校卒業後にすぐ働きたいという人達の就労感が変わった背景には、生まれ育った時の時代背景や社会問題が関わっています。

就職試験に出る一般常識の傾向について

就職活動を行う時には、面接対策を行う前の段階として、一般常識試験への対策が必要になります。

企業によって、一般試験の内容には違いがありますが、大体似通っている部分も存在します。試験といっても、あまり難しい問題は出ません。

中学卒業レベルの試験ができるようになっていれば対策になります。大抵の人は、一般常識試験の対策には問題集を1冊やるくらいで、それすらやらずに本番に挑むという人もいます。

けれど、採用者を決めるための試験としてやっていますので、軽い引っかけ問題なども出てきたりします。本屋さんには、一般常識の本がたくさん取り扱われていますので、1冊を通して解いておくといいでしょう。

一度問題を解けど、自分の得意分野がどこで、自分の苦手分野がどこにあるかがわかったといいます。社会や、英語など、純粋な記憶力に基づいて答えを書かなければいけないものについては、その場で記憶力をフル動員してください。

問題文によっては、何が書かれているかをまず理解した上で、正しい答え方ができるようにしておきましょう。時事問題への対策を行うことで、一般常識試験の底上げが可能です。

経済の分野や、政治の分野で大きなことが起きていないことを確認するには、毎日の地道な情報収集が重要になります。試験を受けに行くまでに、新聞やニュースをチェックして、大きなニュースを知っておくことが大事です。

 





-ビジネス
-, ,

執筆者:

関連記事

高卒でも人生逆転出来るか?学歴に関係なく高収入になる3つの方法

高卒でも人生を逆転して、高学歴をしのぐ収入を得ることは出来るのでしょうか? 学歴に関係なく、周りの人たちから羨望の目で見られるような年収を得て、有名大学に合格し、一流企業に就職した同級生達をアッと言わ …

高卒の就職で運動部出身者は本当に有利なのか?

高卒の就職を考えるときに、よく言われるのは「運動部は有利」ということ。 でも、それって本当なんでしょうか? ここでは運動部出身の就職が有利かを考えてみたいと思います。 昔はよく聞きましたよね、「彼は野 …