なんでもまとめ

なんでもまとめは、芸能、国内、国際、アニメからウワサまで、なんでもまとめているサイトです。

ビジネス

高卒の就職で運動部出身者は本当に有利なのか?

投稿日:

高卒の就職を考えるときに、よく言われるのは「運動部は有利」ということ。

でも、それって本当なんでしょうか?

ここでは運動部出身の就職が有利かを考えてみたいと思います。

昔はよく聞きましたよね、「彼は野球部のコネがあるからあの会社に入れるだろう」と言うようなこと。

現在はどうなんでしょう?

結論を言うと、有利な場合もある。ということでは無いでしょうか。

これは必ずしも全ての就職に関してそうで有るわけではなくて、前述したような特別なコネが有る場合には有利に働くという類の事です。

コネクションが特に無い場合の一般の就職では成績や生活態度など総合的に判断されて決定される事ですから、部活だけに的を絞って採用を決める会社は極少数と思われます。

ただ、多くの人が運動部の方が就職が有利なのでは?と思うのは以下のような印象があるからです。

一般的に運動部が就職有利と思われるのは、ある印象があるから

高校時代に運動部と聞いて、あなたはどんな印象を持ちますか?

「根性があって、やる気があり、少々の事ではへこたれない強い精神力を兼ね備えた人。」

こんなふうに思うのでは無いでしょうか。

実際はその人がどんな人格や性格を持っているかは、ある程度付き合ってみないと分かりません。
しかし、何の情報もない状態で初めて合う人は運動部出身者には概ね上記のような印象を持ってしまいます。

好印象1 運動部は根性がある

これは、多くの人が運動部に対して持つ印象です。

厳しい練習に耐えて3年間頑張ってきたのだから、向上心も兼ね備えているし根性があるだろうと。

当然、仕事をしても会社のために頑張ってくれるだろうと予想出来る訳です。

好印象2 人付き合いが上手いに違いない

高校時代に運動部をやっていた人は、体育会系の上下関係に揉まれて来ている。
当然、会社の上下関係や人間関係を尊重して、上手く人間関係を築いていけるだろう。

取引先との付き合いも重要な要素だし、礼儀作法もしっかりしているはず。
その点、運動部ならキチンと出来るはずだと。

好印象3 体が健康で病欠をしない

なんと言っても、体が丈夫なのが運動部の強み。

健康な体と健全な精神を持ち合わせた運動部なら、会社を無断欠勤などするはずもない。
ちょっとやそっと負荷がかかったくらいでは、倒れないだろうと。

運動部というだけで全て有利になるわけではない

高卒の就職で運動部であることの利点を挙げてみました。

そうだとすれば、文化部や無部、帰宅部だった人は就職が不利なのか?決してそうでは無いと思います。

会社の人事はそんなに単純に採用を決定している訳ではありません。

筆記試験や面接、高校時代の総合評価など、多くの項目に基づいて総合的に判断します。

運動部が持っている好印象という要素はあるには有るかも知れませんが、それが全てでは決してありません。

会社によって社員に求めるものは違います。

社内でも勤務部署によって、必要な能力は違います。

運動能力よりも計算能力が求められる職種であれば、同然数学の成績が良い方を採ります。

高卒で就職する人材の採用について

今は、現場で働ける人が減少していることが問題視されています。少子化の改善策が見込めない現在では、若い労働力、特に高卒労働者の働く場所を広げることが大事な突破口になっていくといえます。

このままの状態が続くと、技術開発や企画営業といった技術職、管理職はともかく、現場の担い手が欠乏することが、問題になっています。働き手不足のために、従業員の数を一定に保つことができなくなっていることが、どの業界でも言われています。

そこで重要なのが、高卒で就職を希望している人材の採用です。これから就職活動をする高校生に対して、いかに自社の業界のことを伝えていくかが重要になります。

ただ人材を確保するだけでなく、企業サイドとしても、これからのことを考えると若い世代にこそ、自分達の会社の良さや役割を知ってもらうことが大事です。

自分達の企業で働くことが非常に魅力的であることを高校生に理解してもらうことで、多くの人材を招き入れることができるようになります。

高卒の採用希望社にたくさん集まってもらい、その中から見込んた人材を採用することが将来への投資だと思えば、経費の加算も仕方ないことです。

ただし、高卒で採用した人に対しては、一定の教育を施すことが大前提になっています。社会人として経験がない高校生を現場で育成するのは容易なことではなく、人材をせっかく育てたとしても、定着を図っていくことも非常に難しいことです。

次世代の人材に対してだけではなく、自社の業界の社会的な意義や仕事の魅力を社会に対して伝え続けることも並行して行っていく必要があります。

優秀な人材を1人でも多く確保することは、これからの企業の行く先を定めるためにはとても大事であり、そのためには高卒採用がとても重要になります。





-ビジネス
-, ,

執筆者:

関連記事

高卒でも人生逆転出来るか?学歴に関係なく高収入になる3つの方法

高卒でも人生を逆転して、高学歴をしのぐ収入を得ることは出来るのでしょうか? 学歴に関係なく、周りの人たちから羨望の目で見られるような年収を得て、有名大学に合格し、一流企業に就職した同級生達をアッと言わ …

高卒で人生逆転するのは、まれな事?高卒の就職は少ないのか。

高卒で人生を逆転して、大卒や院卒以上の収入を得ることは、まれなのでしょうか? 決してそうでは無いと思います。 どれくらいの確率がまれなのかはさておき、そもそも大卒や院卒の方が絶対に高収入で幸せである、 …