なんでもまとめ

なんでもまとめは、芸能、国内、国際、アニメからウワサまで、なんでもまとめているサイトです。

芸能

大島優子「脱ぎやがれ」セクシー動画

投稿日:2015-09-04 更新日:

女優・大島優子(26)が6年ぶりに主演を務める映画『ロマンス』(8月29日公開)のジャパンプレミアが8月13日に行われ、大島をはじめ、共演の大倉孝二(41)、タナダユキ監督(40)が登場した。

物語は、小田急電鉄ロマンスカーのアテンダントとして働く北條鉢子(大島)が、映画プロデューサーを自称する男・桜庭(大倉)に出会い、何年も会っていない母親を探して箱根を旅するという、文字通り“ロマンス”を描く。

大島とタナダ監督は、第一三共ヘルスケア『ミノン』洗浄シリーズのCMに続いて、タッグを組んだ。このCMでは、大島の入浴シーンが話題になったが、映画でも、同様に入浴シーンが注目されている。

元AKB48の大島優子のヌードが拝める日がいつの日かやって来るのでしょうか? 吉高由理子は脱いでからメジャーになったけれど…。 脱ぐとは言っても「やまぐちりこ」路線はやめて欲しいけれどな…。 『女優の大島優子(25)が24日、東京・福家書店新宿サブナード店でAKB48卒業後初の写真集「脱ぎやがれ!」出版記念サイン会を開催した。 イベント開催前の取材に応じ、役柄によっては脱ぐこともも「抵抗はない」ことを明かした。 カメラマンの蜷川実花氏(41)が撮り下ろした「明るく元気なエロティック」をテーマにした写真集。手ブラカット等、大胆なカットが多数あることでも話題となっている。 お気に入りのカットは下着が透けているセクシーなショット。「全部衣着てないも大胆ではあるけど、洋服を着てるんだけど、透けてるっていうところがエロいじゃないですか」と無邪気に笑った。 次回の写真集にも期待が膨らむところだが、「次は(肌を)出しません。でも、どうしましょうね。全部脱いでいくことが別に必要なことではないと思う」と脱ぐことが必須ではないことを強調。「今回はたまたま。卒業して一皮むけたというか、心も脱ぎましたという思いで撮った。その時の状況によりけりですね」と続けた。 AKB48を卒業し、本格的に女優として歩み出した大島優子。役柄によってはヌードになることも要求されることがあるが、「それは全然構わないです。作品とかによりけりですけど、別に抵抗はないです」と女優魂を垣間見せた。』 脱げば女優魂と言うことでもないだろうけれど、大島優子のヌードが拝める日がいつか来るのか?
正直、脱げばいい…ってモンじゃない…。「吉高由理子」・「堀北真希」にしても、真のファンならラブシーンなんて見たくないのが普通だと思う…。「優子」にしても、サービス精神旺盛なのは、昔から相変わらずだが、「河西(チユウ)」の時みたいに批判は出ないのだろうか?・・・・あれは子供が隠してたからか…。 にしても、女優魂って何だろうかね…ファンを傷つける失望させるのが女優魂なのか?・・・・一生懸命何事にも取り組むのは構わないが、仕事を選んで貰いたいな・・。卒業して、恋愛解禁になり、「アイドル」では無くなったにしろ…。今回、福家書店で、抽選で「直筆サイン会」への招待も、自らに負い目がある(幼馴染みの男との旅行)と感じてるから、付加価値イベントにしたんだろうな…。普通なら、この時期にやらないからね…。 山口りこ路線になったら、大変な事になるな…。




-芸能
-,

執筆者:


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

関連記事

岡崎百々子(博多華丸の次女)が可愛い【動画あり】

「福岡よかもん市場・福岡よかとこ旅行券」記者発表会に出席したお笑いコンビ「博多華丸・大吉」。博多華丸(45)といえば、最近、次女がアイドルグループ「さくら学院」の岡崎百々子(12)であることが発覚した …

CCB元メンバー田口智治、逮捕

自宅で覚せい剤を使用したなどとして、覚せい剤取締法違反(所持、使用)の罪に問われたロックバンド「C-C-B」の元メンバーで、ミュージシャン被告(54)=東京都足立区=の初公判が16日、横浜地裁であった …

加護亜依は何カップ?【画像あり】

昨日、テレビを見ていて改めて思った んだけど加護亜依はおっぱいが大きい ねぇ。 辻と並んでいるとおっぱいの厚みが 全然、違うよ。いったい何カップ なんだろう? たしかに大きいですよね。モー娘の中では …

【大変なことを・・】藤田奈那じゃんけんで優勝

AKB48の第6回じゃんけん大会から一夜明けた17日、初優勝したAKB48の藤田奈那(18)が都内で会見し、今度は年末の流行語大賞に意欲を見せた。 新聞やテレビなど朝の報道を見て「こんなに大きな扱いは …

世にも奇妙な物語、ベスト30発表

フジテレビの人気オムニバスドラマ「世にも奇妙な物語」が1990年4月の放送開始から25周年を迎えたことを記念して、同局では「一番好きな奇妙作品」をホームページで大募集。9万2761件の応募があり、根強 …